マツダズームズームスタジアムのような場所を創りたい。

マツダズームズームスタジアムに初めて行ってきました。ここ数年、カープ人気が大フィーバーしてて、今年は結果も出しているということもあってか、もうその熱気と言ったらすごかった。最高の空気感を感じて、あ、こんな空気感の教室をつくりたいな、と思った。

ぼくは高校生くらいの頃からプロ野球を冷めた目でしか見れなかった。なぜなら自分が高校野球まで野球をやってたこともあって、同年代の選手があの素晴らしいプロ野球というフィールドで活躍しているのをみて、悔しさしか感じなかったから。ただの嫉妬だけど、自分はこんなに小さな人間なのに、彼らは何万人も応援されながら大好きな野球が出来てずるい、と。同時に、野球経験者からするとカープ女子みたいなミーハーに見える野球ファンも理解でなかった。

ただ、今回マツダズームズームスタジアムにいっていままでのプロ野球に対する価値観がぶっ壊されました。ただただ、感動した。マツダズームズームスタジアムは、全力プレーをする選手、ファンを喜ばせるためにあらゆる仕掛けをつくる球団、チームの勝利を心の底から望むファン、その他関係者の努力によって創られた最高にわくわくする場所だった。最高のエンターテイメントであると同時に、街おこしであり、野球振興であり、社会に貢献する力強い活動。

そこにいたぼくは完全にマツダズームズームスタジアムの雰囲気に飲み込まれ、最高に楽しい時間を仲間とともに過ごすことができた。

あの開放感、一体感、臨場感、非日常感

野球を経験していようがしていまいが、入り込めて楽しめる空間。

一緒にいた仲間にもいましたが、野球をもともと知らない人でもあの空間に入り込めて、楽しさに魅力されて、いつの間に野球のファンになっている…そしてまたここに来たくなる。

こんな場所を創りたいと思った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です