初心者が最短で上達する方法

僕はいまサッカー部の副顧問をしています。ずっーと野球をしてきて、サッカーは避けてきたので、正直、本当にいやだった。サッカーの技術はなにも指導できないので、とりあえず生徒たちと一緒にボールを蹴るところから始めることにした。

ある日、「先生なんでそんな学習能力高いんですか?」

数日練習したらリフティングもシュートもめきめき上達したみたいで、一年生の生徒が驚いて聞いてきた。

僕は、初心者がなにか新しいことを始めるときに上達させるには次の二つが大事だと思っていて、実際にサッカーが上達した理由でもあるので、生徒に説明してみました。

—————

上達するときに必要なこと・意識してほしいことは、

1.基礎的な力があること(サッカーで言えば必要な筋肉があること)

2.正しいやり方を知り、反復練習すること

この二つ。

先生がこの数日で上達したのは、まず先生には基礎的な力があった。昔から野球していたから筋肉はある。だから、あとは正しいやり方を知って、繰り返し同じ動きを練習するだけだった。

この数日で、先生がやったことは、

”TくんとHくん(一番うまい二人)に蹴り方を聞いて、実際によく見て、真似して、何度も何度も同じ動きを繰り返した。”

これだけ。

きみたちはまだ入学したばかりの中学生だから基礎力が足りてない。だから、先生ほど急激な上達は見込めないかもしれない。ただ、監督が組んだ練習をしっかりやっていけば基礎力は付いてくるからこれを手を抜かずにやることが大切。まぁ基礎力については心配しなくて良い。練習にちゃんと来て、いままで通りしっかりやってれば、いつの間にかついてるはず。

ただし二つ目の「正しいやり方を知り、反復練習すること」は常に意識してほしい。うまい選手の動きをとにかく観察する。真似する。わからなければ聞く。できるようになるまで繰り返す。これは自分が意識しないとできないから。

—————

これができるようになったら、成長力の高い人になれると思う。部員にはサッカーを通じて、成長力の高い人になってほしい。

英語だって同じ。

単語力や文法力の基礎力を身につけること、またさらに言えば発音できる口の動きや口の筋肉といった基礎的な力を鍛えること、そしてネイティブの正しい発音や表現を聞いて繰り返し反復練習すること。

仕事だって同じ。

その分野の基礎知識をがむしゃらに身につけて、仕事のできる人を観察して真似ること。

このプロセスで、ある程度上達したのちに、自分らしさを加えていくことがいいんじゃないかなーと思う。

さて、明日の練習での彼の行動が楽しみだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です