会社員vs教員どっちが良い? どちらも違う大変さがあって違う楽しさがある

「学校の先生って大変でしょ?やってみたいけどなー。でも絶対いまの仕事より大変だわ。」と友達が言った。
でも僕はどの仕事も大変だと思う。そして、どんな仕事にも大変なこともあるし楽しいこともあると思う。でも、大変さや楽しさが違うから、大変さとか楽しさという単純な物差しでは比較は出来ない。
個人的に先生の仕事で1番大変なことは、なんらかのコミュニケーションストレスを抱えることが多くて、それと向き合っていかなければならないこと。生徒が抱える問題を自分の問題として考え続ける必要がある。これは、想像以上に負荷がかかる。これが教員の大変なところであり、楽しいところでもあるんだと思うけど。
一方で前職では上司がめちゃくちゃ頭のキレが良い人だったので、議論についていくのがとても大変だった。常に頭を研ぎ澄ませなければならない。相手が生徒だと、当然のことながら、はるかに自分の方が頭が良いから(というか経験値があるから)この類のストレスやプレッシャーはない。
これが会社員時代の大変なところであり、楽しくわくわくしたことでもある。
だからどっちが大変?って聞かれると答えに困る。
どっちも大変だけど、どっちもおもしろい。違う物差しで。
野球とサッカーのきつさとおもしろさが違うのと同じだと思う。もしかしたら、サッカーと将棋くらい違うかもしれないけど。
だから、自分の価値観をはっきりさせることが大事だと思う。どんなことをしたくないのか、どんな楽しさを求めているのか。そうすると自分が比較すべき軸が明確になって、本当に自分が大切にしたいことで仕事同士を比較して自分にあった仕事を選べるんだろうなーと思う。
それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です